KEI ENERGY

どこよりも気が早い全仏オープンシード考察 ~バルセロナ終了後~

バルセロナ決勝の錦織対ナダル戦の興奮がまだ冷めやらぬ中ですが、いよいよ全仏オープンのシード決定まで残すところ、あと3週間になってきました。 錦織の初優勝のためにも非常に重要なシード争いの状況をチェックしていきたいと思います。

1位 ジョコビッチ(→)  お伝えする必要もないと思いますが、第1シードはジョコビッチで確定となっています。

2位 フェデラー(→)  モンテカルロでケガから復帰し、8強に進出したフェデラーが僅差でマレーをリードしています。来週以降のマドリード、ローマに参加するかどうか、まだ判断されていませんが、マレーとのポイント差はわずかに90Pしかなく、どちらかの参加となると第3シードでの全仏出場になってしまうかもしれません。

3位 マレー(→)  モンテカルロでは危うくペールに敗れて3大会連続での早期敗退となるところでしたが、なんとか回避し4強まで進出したところはさすがです。ただ、奥さんの出産立ち合い以降の2か月間で圧倒的なパフォーマンスを見せられているわけではないので、来週からのクレーマスターズ2連戦でも苦戦するかもしれません。フェデラーまで90P差、なんとか逆転し是が非でもほしい「ジョコビッチと決勝まで当たらない券(第2シード)」でしょう。

4ページ中1ページ目を表示

  • posted by jlet5555
  • 2016/04/27 00:01

記事ジャンル:

タグ:

アプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(5)

どこよりも気が早い全仏オープンシード考察 ~バルセロナ終了後~

更新お疲れ様です。
このシリーズ、地味に楽しみにしていました!

2月時点での考察と比べてみると、ナダルの復調、ラオニッチの追い上げ、フェレールの伸び悩みなど色々見られて面白いですね。
錦織もこうやって見るとかなり稼いでますね、8シード以内はほぼ確実ですね。

願わくば、全仏ではジョコ以外+モンフィスのいる山に入って、今季モンフィスの謎のシードダウン力に乗っかる様な展開であればいいのですが笑 とりあえずはマスターズ2連戦で順位がどう変わっていくか注目ですね。

posted by tdsports
コメント投稿者ID:tdsports
2016/04/28 02:59
コメント支持(0)

どこよりも気が早い全仏オープンシード考察 ~バルセロナ終了後~

tdsportsさん

コメントありがとうございます。
地味に楽しみにしてくれていたとのことで、嬉しいです。
待ってくれている人がいるなんてビックリしました(笑)

錦織は結構稼いでますよね。アカプルコが痛すぎたのは事実ですけど、マイアミ、バルセロナの連続での決勝進出は快挙ですよね。
残りのクレーシーズンはとにかくジョコ以外のドローを引いてほしいです。


ティエムの件は、モンテカルロで180P入ったと勘違いしてました。実際は90Pなので優先的に追い出されるのは、おっしゃる通りモンテカルロの90Pですね。

ルールが十分にわかりきっていないのですが、ミュンヘンの250Pはモンテカルロ90Pやリオ180Pより優先されるんでしょうか?
前年度の上位30人には、ATP500(モンテカルロ、五輪含む)扱いの大会に4大会出場義務があるとされていますが、ティエムのポイント構成はこれに該当してません。
ATP500の出場義務は、GSやMSと違って出場さえすればよく、ポイント計算はその他6大会で別扱いということなのでしょうか?

posted by KEI ENERGY
コメント投稿者ID:jlet5555
2016/04/29 11:06
コメント支持(0)

どこよりも気が早い全仏オープンシード考察 ~バルセロナ終了後~

最終回も楽しみにしております笑

私も正確にルールブックを読んだわけではなく、半ばTSDさんの受け売り(http://www.plus-blog.sportsnavi.com/twosetdown/article/29)なの恐縮ですが、コミットメントプレイヤーのATP500の4大会縛りに関しては、おっしゃる通りの解釈で大丈夫だと思います。

例えば、今週のベルディヒのランキング内訳(http://www.atpworldtour.com/en/players/tomas-berdych/ba47/rankings-breakdown?team=singles)について見てみると、
・ATP250が4大会(ストックホルム・深圳250P、マルセイユ・ドーハ90P)カウント
・ATP500が2大会(ドバイ・ハレ90P)カウント
となっており、ATP500扱いのモンテカルロ(10P)と北京(0P)はカウントされていません。

ジョコビッチの様にATP500扱いの大会に3つ(モンテカルロ、北京、ドバイ)しか出ていない場合、500枠に0Pが強制加算され、250で優勝しまくっても強制加算された0Pは押し出されないものと思われます。
(もっとも、ジョコビッチはドーハしか出てないのでその他6大会自体が埋まっていないのですが)

posted by tdsports
コメント投稿者ID:tdsports
2016/04/30 00:58
コメント支持(0)

どこよりも気が早い全仏オープンシード考察 ~バルセロナ終了後~

tdsportsさん

お返事ありがとうございます。
ポイントの考え方、すごくよくわかりました!
勉強不足ですみませんでした。。。

最終回が終わると、ウィンブルドン編もすでにスタンバイしてますので、またよろしくお願いします笑

posted by KEI ENERGY
コメント投稿者ID:jlet5555
2016/04/30 19:45
コメント支持(0)

どこよりも気が早い全仏オープンシード考察 ~バルセロナ終了後~

コメント連投になり申し訳ありません。
ティエムのポイントについてですが、ミュンヘンで優勝するとおそらく160Pの加算になると思います。

GSおよび出場義務のあるMS8大会については強制加算ですが、それ以外の大会(モンテカルロ、500、250)についてはポイントの高い順から加算されるはずだからです。もしミュンヘンで250Pを獲得した場合、まずモンテカルロの90Pが押し出されるものと思われます。
同様に、マドリードのポイント加算時には、リオの180Pよりモンテカルロの90Pが優先して追い出されることになります。

まとめると、ティエムのマドリード後のポイントは、マドリードが強制加算、モンテカルロの90Pは必ず除外、そしてリオ(180P)、ミュンヘン(現在進行中)のうち高い方のPのみ加算となると思います。

posted by tdsports
コメント投稿者ID:tdsports
2016/04/28 04:05
コメント支持(0)

よく読まれている記事
トラックバック