我がフェイエノールト

今シーズン ブレイクしたタレントたち

’'’Doelman’’’ 平均年齢が下がり続けるエールディヴィジでも若くしてブレイクできるタレントは稀で、アヤックス行き以来見せ場が得られなかったエスパール・シレセンがようやく第1GKの座をつかんだ程度で、大きくインパクトを残した若手はおらず。ジュピラー・リーグで成長したヴァルネル・ハーンが来シーズン フェイエノールトで安定感を増しつつあるムルデルとの競争に勝てるか。

’'’Verdediger’’’ CBではアヤックスのフロート・タレント ジョエル・フェルトマンがブレイク。シーズン終盤は調子を落とし、まだ安定感に欠けるが好調時はトップレベルでも通用する勇敢さとフットボール能力を見せた。 PSVではヨリット・ヘンドリクスが能力の高さを証明。スタメンの座をつかむ事はできなかったが、辛抱強くチャンスを待ちながらCB、左バック、コントローラーと与えられた場所の全てで高いパフォーマンスを発揮したのは賞賛に値する。特にボールを持った時の落ち着きと勇気は素晴らしく、PSVのテクニカル・スタッフはもっと彼を信頼すべきだっただろう。来シーズンは間違いなくスタメンで本格的なブレイクを果たすはず。一方でジェフリー・ブルマとカリム・レキクは順調なスタートを切りながら怪我とチームの低調に引きずられて失望のシーズン。特にレキクは世界のトップレベルを目指すならこの1年の停滞は痛い。 この夏で24歳になるヨハン・カペルホフも今シーズンCBに移って前進守備の能力の髙さで好評価。

4ページ中1ページ目を表示

  • posted by jongewoud
  • 2014/05/04 21:46

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック