我がフェイエノールト

「4-3-3は華麗で楽しいけど、僕らは勝利を望んでいるんじゃないか?」

WK初戦はまだ行われていないが、すでにオランダは伝統的な議題を提供している。ルイ・ファン・ハールは新しいプレースタイルでホーランセ・スホールの原則に縁を切ったのか?それともオランイェのボンズコーチには他の選択はなかったのか?『みんないろいろ望んでもいいけど、しかし我々は勝利も望んでいるんじゃないか?』

ナイジェル・デ・ヨングはかすかに微笑みを浮かべながらRio de Janeiroの木製のテーブルにもたれかかった。そう、イタリアでも頻繁にプレーシステムが語られる。「でも前提が全く違うんだよ。最終的に重要なのは勝つ事。結果だ。それ以外は何の意味もない」

オランイェの全ての代表選手について、彼は多かれ少なかれ『オランダ的な』フットボーラーのスタイルやフットボール観を持っていると彼は考えている。「ドイツ、イングランド、イタリアでプレーすると、他の見方や考え方を学べるんだ。僕はもうアヤックス時代のように足元にボールを持ってプレーするフットボール選手でも、ハサミを使いすぎる選手でもない。そういう遊びは辞めたんだ。でも最終的には自分はホーランセ・スホールから出たフットボール選手だと感じているよ。今でもね」

これはオランダでは古典的な議論だ。金曜のSalvadorでオランダは未成熟なチームと共に生き残りをかけ、スペインのクラッセたち相手に5人のDFで抵抗を試みようとしている。「これが我々によって唯一の可能性」とボンズコーチ ルイ・ファン・ハールは自分たちについて語る。「結果が何よりも重要なんだ」

4ページ中1ページ目を表示

  • posted by jongewoud
  • 2014/06/10 21:49

記事ジャンル:

タグ:

アプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック