我がフェイエノールト

フェルメールが禁断の移籍

移籍市場残り1日半という日曜午後、エールディヴィジ第4節の真っ直中で「フェイエノールトがケネト・フェルメールを獲得する」という衝撃のニュースが流れた。FC フローニゲン-アヤックス戦の終了直後、FC トゥエンテ-フェイエノールト戦の直前というタイミングでFOXが速報として伝え、VIやDe Telegraafも間を置かずに報じたため、アヤックス側から情報が流れたと見て良いだろう。実際フェイエノールトは試合に臨む選手たちにこの情報を全く伝えておらず、エルヴィン・ムルデルはもちろん、キャプテンのヨルディ・クラーシも試合後のインタビューで新GK獲得へのコメントを求められ「新Gk?誰?フェルメール??いや、知らない」と驚きの表情を見せていた。

アヤックスからフェイエノールトへの直接の移籍では1983年のヨハン・クライフがあまりに有名だが、近年では2006年8月31日のアンゲロス・ハリステアス以来。シュートに対する素晴らしい反応と高いフットボール能力、そして度々致命的なキックミスを冒すことで知られるフェルメールは昨シーズン途中であまりの不安定さから遂にヤスパール・シレセンにポジションを奪われたものの、シレセンがWK帰りで欠場した今シーズン第1節のフィテッセ戦でも「オランダ最高のGK」(ラビアト)の実力を証明しており、この移籍情報が与える衝撃はハリステアスとは別格に大きい。

4ページ中1ページ目を表示

  • posted by jongewoud
  • 2014/09/01 07:55

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック