我がフェイエノールト

高まるミヤイチへの批判 「彼はもうトッププレイヤーではない」

ArsenalからFC トゥエンテにレンタルされ3年ぶりにエールディヴィジに戻って来たリオ・ミヤイチだが、ここまでロッテルダムでの時のようなインパクトを残せておらず、先日のsc ヘーレンフェーン戦ではエンスヘデの厳しい観客からブーイングを浴びながら60分過ぎに交代。代わりに入ったユネス・モクタールが平日のベーカー戦に続いて好プレーを見せ、この日もゴールも挙げるなど結果を見せていることで、この試合Foxで解説を務めていたハリー・ファン・デル・ラーンは「ミヤイチはトゥエンテの前戦で極端に悪い。本当に酷いと思う。彼がスタメンで固定されて使われているのは(プレートは関係無い)商業的理由でしかあり得ない」と厳しく批判した。

週が明けて月曜には地元メディア TC Tubantiaがミヤイチの起用についての記事を掲載。トゥエンテの監督 アルフレッド・シュロイデルは「彼のプレーは不安定だ。アヤックス戦の前半は素晴らしかったが、今日は良くなかった。先週のエクセルシオール戦ももっと良いプレーができたはずだが、あの時はチーム全体が低調だった」と擁護。

TC Tubantiaは日本のSports Navigationでミヤイチを追い続けている熱狂的なフットボール・ファン トール・ナカタのコメントも掲載。「だが現時点ではリオの足は彼の頭がどうしたいのかを分かっていないんだ。それが迷いになっているのは彼と話をしていても分かる。フェイエノールト時代の彼はとても若く、怖れ知らずに、良い流れにも乗っていた。やることなすこと何でも上手くいっていたんだ。翌シーズンもBolton Wanderersでリオは何試合も良いプレーをしていた。だがその後怪我をし、そこから2年間不信が続いている。リオはもうトッププレイヤーじゃないんだ。彼がいつかArsenal1に戻る?不可能だ、いまそう聞かれればそれが私の答え」

2ページ中1ページ目を表示

  • posted by jongewoud
  • 2014/11/03 21:43

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック