我がフェイエノールト

オランイェ、失敗の要因

ブラジルでのWK3位からEK予選グループ4位敗退と天国から地獄へと落ちたオランダ代表。ほぼ全てが上手くいかなかったこの13ヶ月の失敗の要因は長期的、短期的に様々あるが、主な5つを確認しておこう。

1. ヒディンクを選んだKNVB KNVBに最大の責任があるのは間違いない。ファン・ハールが2年契約を延長しないと改めて明言した時点でオランダ中の誰もが、選手たちも、そして本人も「次はロナルド・クーマン」と確信していた。ファン・ハールと並ぶ戦術家であり、ホーランセ・スホールだけでなく、4-4-2や5-3-2など柔軟性を備え、国際的経験があり、過去の失敗からコーチとしてだけでなくトレーナーとしても成長したことをフェイエノールトでの証明し、3年目のサイクル終了でボンズコーチへのステップアップは自他共に誰が当然と思う道筋だった。しかしKNVBはボンズコーチの若い世代への移行を選ばず、突如手を挙げたフース・ヒディンクを選択。クーマンに2年間のアシスタントの後にボンズコーチ昇格のオファーを出すも、稚拙な対応により断られたファン・オーストフェーンの責任はあまりに重い。結局クーマンはイングランドに渡りSouthampton FCで成功。クーマンは過去の失敗から契約を途中で投げ出す選択肢は持っておらず、KNVBへの不信感も当然あることを考えれば今後ブリントが窮地に陥ってもバトンを受け取る可能性は無い。

5ページ中1ページ目を表示

  • posted by jongewoud
  • 2015/10/14 19:51

記事ジャンル:

タグ:

アプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック