我がフェイエノールト

ホームゲーム10連勝でコップローパーに留まる(第31節:ユトレヒト-thuis結果)

フェイエノールトは第31節を終えてもエールディヴィジのコップローパーにいる。監督 ジョヴァンニ・ファン・ブロンクホルストのチームは日曜午後のデ・カイプでFCユトレヒト相手に2-0で相応しい勝利をあげ、今シーズンの神聖な目標にまた一歩近づいた。このエネルギッシュな試合で重要なゴールを決めたのはイェンス・トールンストラとエルジェロ・エリア。

復活祭の先制点の時ほどデカイプで大歓声が起きたのは今シーズンあまり無かったこと。音楽をじっと待っていたヘット・レヒューンにその時が訪れたのは後半開始直後。ニコライ・ヨルゲンセンの見事なヘディングでのパスを受けたトールンストラのボールがユトレヒトのGK デヴィド・イェンセンを超え、ゴールの中に消えていった。HT明け最初の、そしてベストのシュートが即均衡を破った直後、45.000人を超えるサポーターから嵐のような声が上がった。

先制点を決めたのがトールンストラなのはもはや偶然とは言えない。今シーズン14得点目のこのMFはその全てをデ・カイプで決めており、デ・カイプで先制点を決めるのは今シーズン6回目。前半もトールンストラは最も危険なフェイエノールダーの一人だったが、数回のシュートをブロックされ、見事なFKもスティーヴン・ベルフハイスの数回の得点機会同様にイェンセンに阻まれていた、

ヨルゲンセンだけでなくテレンス・コンゴロもチームに戻ったフェイエノールトが前半優勢だったことは10回のシュート数に表れているが、チームはユトレヒトのカウンターにも注意しなければならず、数回危険なシーンを作られてもいた。30分過ぎにはジリアーノ・ケルクがジョーンスと1対1になったが、外側に出すぎたことで難しい角度からのシュートはポストを直撃。

5ページ中1ページ目を表示

  • posted by jongewoud
  • 2017/04/17 01:40

記事ジャンル:

タグ:

アプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック