我がフェイエノールト

パウル・デ・ムニクとOpelが新たなフェイエノールト・リートを発表

パウル・デ・ムニクがフェイエノールトのために新曲を書き上げた。7月1日までフェイエノールトのメインスポンサーであるOpelが、この歌手がロッテルダムのクラブの大ファンであることを知り、そのユニークなフェイエノールト感情を歌にしてくれるように依頼。その結果、深いクラブ愛に根ざした‘Geen club als Feyenoord’が誕生した。

「スポーツ面での成功への飢え、手に手を取って、どんな障害も厭わず、決して諦めない。それこそが僕にとってこのクラブへの賛美に最も相応しい要素」とデ・ムニク。「全てのフェイエノールダー、ヘット・レヒューンからセレクションやデ・カイプのコーヒーショップの店員に至るまで、この曲を自分たちのリートとして感じて貰えたら素晴らしい。そうすれば僕自身 エヒテ・フェイエノールト・サポーターとしてみんなの心に残ることになるからね」

Opelはこの4シーズン様々な活動でフェイエノールト感情に近くあろうと試み続け、このパートナーシップを価値あるものにしようとしていた。「我々はこのクラブとの繋がりを強く感じているし、フェイエノールト感情を反映したリートを作ることでこの時期にサポーターに何かを残したかった。これはOpelから全てのフェイエノールダーへの贈り物だ」とスポークスマン イェルーン・マース。

‘Geen club als Feyenoord’によってパウル・デ・ムニクはかつてフェイエノールトのために作られてきた多くの歌たちに美しい1曲を加えることになる。その中には‘Hand in hand kameraden’や‘Feyenoord, wat gaan we doen vandaag’のような伝統的なものや、1999年にリー・タワースによってリリースされた‘Mijn Feyenoord’がある。

2ページ中1ページ目を表示

  • posted by jongewoud
  • 2017/04/13 20:16

記事ジャンル:

タグ:

アプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック