我がフェイエノールト

オランイェ、ベルフハイスの活躍により勝利で2017年を締めくくる(練習試合:ルーマニア-uit)

オランダ代表はBoekarestでルーマニアを0-3で下し、201年を勝利で締めくくった。後半にスティーヴン・ベルフハイスのアシストからメンフィス・デパイ、ライアン・バベル、ルーク・デ・ヨングがそれぞれゴール。

FIFAランクのポイントという点以外に、ディック・アドフォカートにとっては他にも得たものがあった。ルーマニアに勝利したことでアドフォカートはオランダ代表で通算37勝と、史上最も成功したボンズコーチに。

スコットランドに1-0で勝利した木曜のAberdeenでの練習試合と比べ、Boekarestでの試合はかなり見ていて魅力的だった。両チームにとってエキサイティングなシーンとバルトが多い対決に。

オランイェの側では前半デパイが主役を演じる。Olympique LyonのFWはオランダの危険なシーンほぼ全てに絡み、15分には彼のクロスからデイヴィ・プロッペルがチャンスをモノにするかに思われたが、ルーマニアのGK Pantilimonがセーブ。前半終了間際にはデパイのクロスがバベルの頭に届いたが、オフサイドポジションで得点は認められなかった。

後半開始直後にそのデパイが先制点を決めたのも驚きでは無かった。ベルフハイスの上げたボールをファーポストでのヘディングでゴール。彼にとっては代表8得点目となった。10分後には大きなスペースを得たベルフハイスのp巣からバベルが得点チャンスを決めて2点目。

3ページ中1ページ目を表示

  • posted by jongewoud
  • 2017/11/15 06:40

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック