日本体操協会公式ブログ

2017新体操国際トーナメントイタリア大会レポート2

【インターナショナルトーナメント大会最終日】 《ジュニア団体(クラブ×5)》2演技目 日本は、ED(手具の投げの交換)で落下。BD(身体難度)も不正確な箇所が出たが大崩れはしなかった。D6.900 E6.850 13.750。 前日との合計28.150で、前日と変わらず11位。

1位はロシア。選手がジャンプした下をクラブを通す連係でミスが出たが、対処が早くD8.000、E8.100 16.100 計32.800

2位には地元イタリアが入った。 3位はベラルーシ。

どの国も今日の方がミスが多く、前日2位に位置していたアゼルバイジャンは5位に、3位タイであったブルガリアも場外、予備手具差し替えのミスで7位となった。

日本はやっと作品が見えてきた段階であるので、今後作品の中身や身体難度の精度を上げていくことで、得点増加が見込めるだろう。 試合当日夜中に日本から現地に到着し、その日に試合という強行スケジュールであったが、選手たちはケガなく力を尽くした。今後の成長に期待したい。

大会情報・結果へ

1ページ中1ページ目を表示

  • posted by 山﨑浩子
  • 2017/04/13 07:23

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック