日本体操協会公式ブログ

2017新体操日本代表選考・決定競技会(in 高崎アリーナ)レポート

第35回世界新体操選手権大会、第9回アジア新体操選手権大会、第15回アジアジュニア新体操選手権大会 日本代表選考会 第29回ユニバーシアード競技大会新体操日本代表決定競技会

 今年4月にオープンした高崎アリーナにて開催した、日本代表選考会。開場には朝から約1,200名の観客にお越しいただき、代表選考会だからかとても緊張感のある会場の雰囲気であった。

 2017年1月より採点規則が改正され、個人競技においては、R(リスク:回転を伴ったダイナミック要素)とAD(手具の難度)1演技中に数の上限がなくなった。身体難度は今まで通りシニアは最高9個(ジュニア7個)となっている。  個人競技ではジュニア選手もシニア選手も新ルールに適応させ演技プログラムを変更し難易度の高い技に挑戦しているため非常にミスが目立った。

そんな中、自分の持ち味を生かしてミスを最小限におさえた柴山瑠莉子選手がアジア選手権代表の座を獲得した。4種目を通して安定した演技を披露した理由の1つとして、日々積み重ねた練習量の裏付けがあったのだと表彰式後のインタビューから感じられた。お手本のような徒手難度と手具操作には定評があり申告書がなくとも演技内容が明確に見える。動きの繋ぎがスムースで難易度の高い技もさらりとこなす。更に動きに大きさとスピード感を加え世界に柴山瑠莉子をアピールして欲しい。

3ページ中1ページ目を表示

  • posted by 新体操広報
  • 2017/04/26 20:15

記事ジャンル:

タグ:

アプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック