日本体操協会公式ブログ

2017新体操W杯ブルガリア大会レポート1

【大会初日】 新体操W杯ソフィア大会は、5月5日に開幕した。 日本は、団体競技は不参加。個人競技には皆川夏穂と立澤孝菜が出場した。

《個人総合前半》 Bグループに登場した立澤は、ボールの演技から。バックルでのパンシェローテーションが終末に崩れ、支持あり後方ローテーションもかかとが早く床につくなどのBD(身体難度)ミスはあったが、全体的には伸びやかな演技であった。D7.100、E7.900 15.000

フープは、出だしのAD(加点の可能性のある手具操作)で落下。あとはどうにか踏ん張った。D7.100、E7.550 14.650。

皆川はCグループで登場。足首を痛めており、パンシェローテーションなど足首に負担がかかるBDを、バランスのBDに変更するなどして、試合に臨んだ。フープは、変更したBDのスケールはやや曖昧であったが、全体的にはBDもADもクリアであり、なんといっても、優雅さが他の選手にはないものである。 D8.7000 E8.550 17.250

ボールは出だしからプログラムどおりではない箇所がいくつかあったが、とにかく「がまんして粘った」という印象。大きなミスを回避したが、リズムが悪いときでも、こういった試合運びができるようになれば、安定した上位位置の確保ができるようになるだろう。D8.300、E8.550 16.850 立澤は現在23位(48人中)、皆川は5位。皆川はフープ、ボールとも種目別決勝に進出する。

2ページ中1ページ目を表示

  • posted by 山﨑浩子
  • 2017/05/07 14:28

記事ジャンル:

タグ:

アプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック