日本体操協会公式ブログ

【レポート】SASAKICUP第15回全日本新体操ユース(女子)

 大会3日目は個人総合決勝、クラブ・リボンの競技が行われた(予選通過者40名)。    今大会を制したのは柴山瑠莉子選手(イオン)、初優勝であった。 演技の正確な実施には定評があり、今大会でも柴山選手の持ち味を十分に披露した。 しかし、決勝では少し動きに硬さが目立った。リボンの演技では演技序盤のリスク(R)は成立したものの受けで少しもたつく。続いてのバランス難度は美しく軸がしっかりと取れていたがその後、持っているステックをはなしてしまい落下。すぐに取り戻したので最小限の落下ミスで抑えられた。その後はミスを引きずる事無く演技を終える。得点14.200。

クラブの演技では、何が起こったのかと思うほど、最近の柴山選手の試合では見たことがないミスが起きた。演技冒頭のADを成功させバランスも美しく正確に魅せる。アチチュードからトーノーのローテーション難度は見事であった。その後ADで落下があり、演技終盤のリスクで落下し手具なしでの演技終了となった。得点13.550。

予選種目ではフープで16.050、ボールでは15.250を叩き出している。決勝ではミスがあったものの、正確な実施に加えて熟練されつつある演技の評価は高い。落下ミスがあったとしても演技構成が10点以上のプログラムで構成されていればD得点は高得点が獲得できる。 先月行われた第9回アジア新体操選手権大会に代表として選考されている柴山選手。世界で戦う為に難易度の高い手具操作で演技がプログラムされている。今大会の経験をいかしアジア新体操選手権大会では是非柴山選手の持ち味をいかした完璧な演技を披露して欲しい。

3ページ中1ページ目を表示

  • posted by 新体操広報
  • 2017/05/15 18:14

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック