日本体操協会公式ブログ

第47回世界体操レポート/男子ゆか決勝

GONZALEZ Tomas (CHI) フロアの器具不良の影響で一部の選手に再演技が認められ、二度目に好演技をしたオランダのVERHOFSTADが繰り上がり、8位であったGONZALEZが9位に下がった為にチリチームが抗議。その結果、予選9位でありながら決勝進出。 前方かかえ込み2回宙ひねり、前宙1回ひねり~前方2回半ひねり、後方1回ひねり~前方1回半ひねり、ルドルフ、十字倒立、後方3回ひねり。各着地は僅かに動いた程度。14.266

VERHOFSTAD Bram (NED) 上記フロアの器具不良で、予選の演技を2度行うことになり、得点が上がって予選を通過。 前方伸身宙返り1回ひねり~前方伸身宙返り2回半ひねり、後方伸身宙返り2回半ひねり~前伸身宙返り2回ひねり、後方伸身宙返り3回半ひねり~前方伸伸身宙返りひねり、かかえこみルドルフ、後方伸身宙返り2回ひねり、フェドルチェンコ、後方伸身宙返り3回ひねり。最後の着地を見事に止める演技。安定した演技を見せた。14.333

白井健三 (JPN) 2連覇なるか?! シライ3、リジョンソン、後方伸身宙返り2回半ひねり~前方伸身宙返り2回半ひねり、前方かかえこみ宙返り1回ひねり~シライ2、脚前挙経過後伸肘倒立、後方伸身宙返り3回半ひねり~前方伸身宙返り1回ひねり、シライ/グエン。着地がそれぞれ僅かに動く程度で圧倒的な安定度。リオの雪辱を果たした。15.633

3ページ中1ページ目を表示

  • posted by 日本体操協会広報委員会
  • 2017/10/08 03:13

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック