日本体操協会公式ブログ

第47回世界体操レポート/男子跳馬決勝

予選トップでロンドン五輪金メダリストである韓国のYANG Hakseonが棄権し、ロシアのDALALOYANが急遽出場することとなった。

安里圭亮 1本目)リセガンは見事に成功!しかし着地が低くなり、手と膝がマットにつきかける。左にずれたため、ラインオバーもあり。14.766 2本目)ヨ―2。回転不足で手と足が同時に着くような形で着地。残念!!13.933 決定点)14.349

白井健三 1本目)シライ/キムヒフン。僅かに後ろにずれた程度の着地。安定感あり!15.200(Eが9.6!!) 2本目)ドリッグス。これも一歩前に弾んだが、しっかりとまとめた。14.600 決定点)14.900 「やれることはやった」と中継中にも聞こえて、本人も満足できる出来だった様子。後続の選手の結果を待つ。

VEGA LOPEZ Jorge (GUA) 1本目)ヨー2。右に大きく一歩出る。ラインオーバーあり。高さは十分。14.700 2本目)ドリッグス。前に小さく一歩だが、場内が大いに沸いた(パンアメリカンの仲間だからか?!)。突きの強さがある選手。14.708 決定点)14.704

DRAGULESCU Marian (ROU) 1本目)オリジナルのドラグレスク!!しかし大きく後ろに一歩動く。飛距離はかなり出た。14.700 2本目)ロンダード後転とびひねり前転とび前方伸身2回ひねり。前に一歩。14.733 決定点)14.716

3ページ中1ページ目を表示

  • posted by 日本体操協会広報委員会
  • 2017/10/09 05:38

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック