日本体操協会公式ブログ

第47回世界体操レポート/女子平均台決勝

SCHAEFER Pauline (GER) 交差とび上がり~シソンヌ~足保持1回ターン、後転とび~後方開脚伸身宙、交差輪とび、2回ターン、側宙1/2ひねり!!、前方開脚伸身宙~前後開脚ジャンプ~ヤンボージャンプ、側宙1/4ひねり、アウエルバッハ伸身下り。非常に特徴的な構成であったが、僅かなふらつきが複数あり。しかし、Eスコアは8.033が出て13.533をマーク。

EREMINA Elena (RUS) 交差とび上がり、足保持ターン、後転とび~後方開脚伸身宙連続、前方開脚伸身宙(ふらつきあり)、大ジャンプ~側宙1/4ひねり、交差とび~シソンヌ、ロンダード~後方3回ひねり。着地で大きく右に動いてマットから出てしまう。12.966

BLACK Elsabeth (CAN) 交差とび上がり~交差とび~交差とび1/2ひねり(大きくバランスを崩す)、2回ターン~フルターン、屈身前宙、後転とび~テンポ宙、かかえ込み前宙(落下)、ロンダード~後方屈身2回宙下り。個人総合でもバランスを崩した箇所で落下。他は果敢に攻めた構成にしたが残念であった。12.400

村上茉愛 交差とび上がり、屈身前宙、交差輪とび、側宙1/4ひねり、2回ターン(わずかにふらつく)、前方開脚伸身宙、開脚ジャンプ~前後開脚ジャンプ、ロンダード~後方屈身2回宙。後ろに一歩。非常に集中して、個人総合で落下した2回ターンもしっかりと決めた。13.066

3ページ中1ページ目を表示

  • posted by 日本体操協会広報委員会
  • 2017/10/09 06:02

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック