日本体操協会公式ブログ

第47回世界体操レポート/女子ゆか決勝

村上茉愛 4回ターン、シリバス、後方伸身2回宙、後方2回半ひねり~前方1回ひねり、交差輪とび~カデット1回ひねり、片足水平2回ターン、後方屈身2回宙(両足で後ろ一歩)。場内の応援も素晴らしく、人気の高さを感じさせた。リオ五輪のゆか決勝で実施したチュソビチナを温存して、実施重視の構成の中、素晴らしい演技を見せて本人も満足のいく演技。14.233。後の選手たちの結果を待つ。

MOORS Brooklyn (CAN) エレガンス賞受賞のきっかけとなった美しい演技に期待。 ポドコパエワ、前方2回ひねり~前方1回ひねり~鹿ジャンプ、アラベスク2回ターン、交差輪とび~カデット半ひねり輪とび、前後開脚ジャンプ1回ひねり~シソンヌ、後方2回ひねり~かかえ込み前宙。実施もうまくまとめ、振付の美しさが際立った。旧ソ連のサージコーチの指導の賜物か。13.650

MORI Lara (ITA) 後方伸身2回宙(弾かれた着地)、交差輪とび~ジョンソン1/2ひねり、メメル~イリュージョンターン、後方2回半ひねり~伸身前宙(膝が緩む)、かかえ込み月面、後方3回ひねり。イタリアのゆかのレベルの高さを感じさせる演技 13.266

CAREY Jade (USA) シリバス、伸身月面、2回ターン、交差とび1/2ひねり、後方2回半ひねり~鹿とび、カデット1/2ひねり、かかえ込み月面。タンブリングの難度の高さが素晴らしいが、体操系が物足らない印象。実施はまずまず。14.200と僅かに村上に届かず。

3ページ中1ページ目を表示

  • posted by 日本体操協会広報委員会
  • 2017/10/09 06:17

記事ジャンル:

タグ:

アプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック