日本体操協会公式ブログ

第47回世界体操レポート/男子鉄棒決勝

DEURLOO Bart (NED) アドラー1回ひねり、アドラーひねり、コバチ~カッシーナ、コールマン、ヤマワキ、シュタルダー、ホップターン、伸身ルドルフ。手放し技の連続で大いに場内が沸いた。14.200

BRAEGGER Pablo (SUI) カッシーナ、コールマン、伸身トカチェフ~開脚モズニク(その後の車輪が回らず戻ってしまう)、伸身モズニク、アドラーひねり、リバルコ、ホップターン、伸身ルドルフ(前に一歩)。途中のミスが影響し、13.733

ZONDERLAND Epke (NED) カッシーナ~コバチ(片手外れる・・・ここでその後の技を連続することができず)、伸身コバチ、コールマン、シュタルダーとび1回半ひねり、アドラーひねり、ホップターン、伸身ルドルフ(後ろに2歩)。ロンドン五輪金メダリストだけに大人気であったが、コバチの後のミスで場内から大きなため息が出た。14.233

HEGI Oliver (SUI) ヤマワキひねり(その後の車輪が回らず戻ってしまう)、アドラーひねり(前に倒れる)、コールマン、アドラー1回ひねり~ヤマワキ、エンドー1回ひねり大逆手、ホップターン、伸身ルドルフ(前に大きく2歩)。2カ所のミスが痛いところ。12.733

Randy LERUCUB (CUB) ツォウリミン、アドラーひねり、伸身トカチェフ1回ひねり、伸身トカチェフ~トカチェフ~開脚モズニク、伸身モズニク、アドラー、伸身ルドルフ(尻もち)。場内も沸く素晴らしい出来であっただけに、最後の下り技の失敗は非常に勿体なかった。13.100

3ページ中1ページ目を表示

  • posted by 日本体操協会広報委員会
  • 2017/10/09 06:28

記事ジャンル:

タグ:

アプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック