日本体操協会公式ブログ

Chacott CHAMPIONSHIPS第35回全日本ジュニア新体操選手権大会(女子団体)レポート

大会成績はこちら ジュニア女子写真

大会最終日は団体競技が行われた。

優勝はイオンの2連勝であった。 演技冒頭の3本投げコラボレーションを成功させ、5名の選手は表現力豊かに演技が展開される。交換を受けるときの加点要素や、徒手難度要素の実施に少しばらつきが見えたが演技は後半盛り上がりを見せる。数多くのコラボレーションリスクを成功させ、Dは満点の8点を獲得した。中でも、1名の選手が両足でクラブを挟み、ジャンプで背面から大きくクラブを投げ上げたコラボレーションは非常にリスキーで、成功と共に会場が沸いた。演技中の踵の位置が高く投げ受けが大きく乱れる事無く1つ1つの技をこなす。実施得点も最高得点をマークした。D8.000 E7.800 得点15.800

2位は町田RG。 相当練習を積み上げてきたのであろう5名の選手の息がピタリと合った、会心の出来栄えであった。投げ技に関しては移動なく投げ受けが行われ、申告書がなくとも演技の内容が明確に見受けられた。ダンスステップコンビネーションでは、体を大きく使いアクセントのある動きで音楽との一致も感じた。メリハリのある演技は見ていて気持ちよかった。 連係のクラブの使い方に工夫が見え、また演技の繋ぎも良く間髪入れずに技が入っているが技の羅列には見えない。Dスコアは満点を叩き出した。D8.000 E7.550 得点15.550

3ページ中1ページ目を表示

  • posted by 広報委員会
  • 2017/10/09 18:52

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック