日本体操協会公式ブログ

第70回全日本新体操選手権大会(女子レポート)1

大会成績はこちら 10/27女子個人総合 前半2種目(フープ・ボール)、団体総合 フープ5

●個人総合前半 前半2種目を終えてトップに立ったのは立澤孝菜選手(イオン/国士舘大学)。 フープの演技では、関節可動域を十分に生かしたしなやかな動きで1つ1つ身体難度要素を正確に実施する。随所にAD(手具操作の加点要素)を取り入れながらも動きの繋ぎがスムースであった、大きなミスなく最後まで纏める。D8.000 E8,400 得点16.400 ボールでは演技中盤のパンシェローテーション難度でバランスを崩し難度は不成立。しかし、演技全体の出来栄えは良く演技終末のリスクもタイミング良くピタリとキャッチ。ボールも高得点をマークした。D7.400 E8.250 得点15.650。

2位につけているのは河崎羽珠愛選手(イオン/早稲田大学)。 ボールの演技はダンスステップコンビネーションからスタート。身体の動きに大きさと滑らかさが増し、ボールの操作がスムースであった。ローテーション難度が若干不明確であったが大きなミスなく演技を纏める。D7.200 E8.100 得点15.300。 フープでは演技冒頭のADを成功させ、1つ1つ丁寧に難度要素が行われた。音楽に乗って表現力豊かに演じる。演技終末のリスクでは後ろに投げてしまったが、すぐに反応し落下ミスは免れる。リスクは不成立であったが、日頃のトレーニングの積み重ねによって、瞬時に判断しミスを最小限に抑えられたのであろう。D7.500 E7.700 得点15.200。

3ページ中1ページ目を表示

  • posted by 広報委員会
  • 2017/10/29 11:07

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック