日本体操協会公式ブログ

第70回全日本新体操選手権大会(女子レポート)2

大会成績はこちら 10/28女子個人総合 後半2種目(クラブ・リボン)、団体総合 ロープ2&ボール3

●個人総合 優勝は立澤孝菜選手(イオン/国士舘大学)初優勝。得点63.000 今年は全日本学生選手権、全日本クラブ選手権も優勝し着実に実力を発揮してきた。今シーズン最後の試合でもあるこの全日本選手権大会でも見事に栄冠を手にした。2日間、4種目を通して安定した演技を披露した。クラブでは演技中盤の二本投げリスクが上に上がったが落ち着いて処理し大きなミスには繋がらなかった。しかし、その後のジャンプターン投げからのリスクで落下。4種目を通して唯一落下ミスが生じてしまった。D7.600 E7.750 得点15.350。 リボンは演技冒頭のリスクを成功させ軽快な音楽に乗せて演技が次々と展開される。ほぼプログラム通りの演技を丁寧に確実に演じた。演技終末の難易度の高いリスクの背面受けを成功させ会場から歓声が沸いた。D7.300 E8.300 得点15.600。

2位は柴山瑠莉子選手(イオン)。得点60.200 手具操作がとても丁寧で、どの種目も手具を非常に遠くで扱う。1つ1つの技の実施がとてもクリアで明確であり、演技には随所にADが取り入れられている。基本に忠実に運動が行われているので、演技の繋ぎがスムースで技の羅列には決して見えない。クラブでは演技後半にミスが生じてしまったが、難度要素はしっかりと確実に実施した。D7.300 E7.800 得点15.100。 リボンではクラブのミスを挽回。1つ1つ丁寧にプログラム通りの演技を行う。ローテーション難度の軸がきちんと取れていて美しい実施であった。リボンの軌跡も良く描かれていた。D6.700 E8.050 得点14.750。

3ページ中1ページ目を表示

  • posted by 広報委員会
  • 2017/10/29 11:11

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック