日本体操協会公式ブログ

第70回全日本新体操選手権大会(女子レポート)3

大会成績はこちら

大会最終日は種目別決勝が行われた。

●フープ  優勝は河崎羽珠愛選手(イオン/早稲田大学)。 演技全体を通して、動きの繋ぎが滑らかになり表現力が豊かになった。流れる動きの中に徒手難度要素、手具難度要素が組み込まれ、熟練度を感じる演技であった。若干、徒手難度要素のフォームが不明確な場面もあったが最後まで大きなミスなく纏めた。D7.400 E7.850 得点15.250  2位は立澤孝菜選手(イオン/国士舘大学)。 個人総合見事優勝に輝いた立澤選手、個人総合の演技よりもやや動きが硬く見えた。演技序盤のADで落下ミスが生じ、続いてローテーション難度で軸が取れず大きく崩れる。その後はプログラム通りの演技を演じた。リスクやADを随所に取り入れているが、演技が途切れる事無く音楽と動きの一致を感じる演技であった。D7.300 E7.550 得点14.850  3位は大岩千未来選手(イオン)。 演技序盤はやや動きが硬く感じられが、後半に向けて取り戻す。ローテーション難度は踵の位置が高く回転のスピードも速く美しい実施であった。ローテーション難度の度に会場が沸いた。動きの繋ぎが滑らかで、しなやかで美しい動きが印象的であった。 D6.900 E8.200 得点15.050 

4ページ中1ページ目を表示

  • posted by 広報委員会
  • 2017/10/31 17:51

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック