日本体操協会公式ブログ

第71回全日本体操団体選手権 女子決勝1班

〇筑波大学 段違い平行棒 一番手宮内がしっかり演技をまとめるが、2番手が屈身2回宙返り下りでしりもち。3番手新井は大きなミスなくまとめる。 平均台 新井完成度の高いY字ターン,側宙で手を台につくミス。宮内安定した片足上2回ターン。福家かかえ込み側宙で落下。チームとしては平均台の動きにメリハリがあっていい印象あり。 ゆか 一番手荒井最後にあわやラインオーバーかという着地になったがなんとかまとめる。2番手宮内は途中ラインオーバーはあったものの定評のある表現力ゆたかな演技を披露。3番手福家も正確な3回ターンなどを取り入れた構成で大きなミスなく演技をまとめた。 跳馬 宮内ユルチェンコ1回ひねり着地1歩。福家伸身ツカハラ1回ひねり着地まとめる。斉官ユルチェンコ1回ひねり着地動く。

ZERO体操クラブ 段違い平行棒 一番手鈴木がしっかりした実施で後方伸身2回宙返り下りの着地までまとめ、三田、石倉も良い実施で続き、3選手とも大きなミスなく良いスタートを切る。 平均台 長岡ジャンプ横向きで少しふらつく。佐藤後方宙2回ひねり下り着地まとめる。三田バク転スワンで落下。佐藤と三田が横向きその場とび1回ひねりを実施。 ゆか 一番転田谷が大きなミスなく、次につなぐ。2番手佐藤も余裕を感じさせる後方屈身2回宙返りで入り、大きなミスなく3番手三田につなぐ。三田も入りのかかえこみ月面を成功させると、後方屈身2回宙返りをぴたりと止めるなど良い実施でこの種目を締めくくった。 跳馬 森屈身前宙ひねり着地まとめる。佐藤大きさあるユルチェンコ1回ひねり着地まとめる。三田ユルチェンコ1回ひねり着地まとめる。チームとしてスピードがあり高さを出すユルチェンコの技術。

4ページ中1ページ目を表示

  • posted by 広報委員会 遠藤、湯浅
  • 2017/11/25 15:56

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line
コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック