かぼすシュートの蹴球アラカルト

チーム力を観れる力

サッカーって、相対的スポーツの一面を持っています。 というか、敵と相対するスポーツは、ほとんどの方々が相対的な力の差を観て、強い・弱いと判断してしまいます。 大相撲を見ればよくわかります。 横綱同士の相撲内容と平幕同士の相撲内容を比較してみると、力の差が僅かでは、あまりやっていることは変わりませんし、力の差をあまり感じません。 では、どこが違うのか? ちっとした前さばき、ちょっとしたハズ押しの力、相手の力を利用する判断力等など・・・。 そして、その力の差を見せつけるのが、横綱対平幕下位力士との対戦です。その差を観て観衆は初めて「強い・・・」と、感じます。 サッカーというチームスポーツでは、どこを観て、「強い」「弱い」を相対的に判断するのか? それは、基本技術の差・・・ボールを止める、蹴る・・ミスがない。 だから、いったん相手にボールを奪われると、奪うのが難しく、ズルズルとゴール前まで引かざるを得ない状況まで追いやられます。 例えば、今の大分トリニータとJ1の浦和レッズが対戦すれば、ボール保持率は圧倒的に浦和になるはずです。 しかし、前節対戦した徳島との試合では、空想浦和戦ほど、あまり大きな差を感じなかったと思います。 徳島と大分戦は、点差は1点でしたが、あの試合では力量差を感じました。 パススピード、局面・局面におけるポジショニング、判断力、視野の広さ・・・明らかに徳島の方が上手でした。 例えば、あの徳島と今の大分が10試合やれば、何勝、何分け、何敗・・すると思いますか? 明らかに、徳島の方が上回ると思います。 そういう面ではJ3では、対戦できない久しぶりにJ2の上位と対戦した大分は、かなりの刺激を受けたはずです。 徳島が時折見せたすばらしい崩しや1プレイ・・・例えば、イングランドプレミアリーグでは、アウェイながらスタンドから拍手が起きると思います。 勝負事ですからね・・・勝負事は、負けを受け入れる気持ちの寛容さがないと、勝てないものなのです。 悔しいですが、相手の良さを感じて、負けを受け入れる気持ちの大きいさがないと、応援するチームは強くなりません。 長いリーグ戦、選手層の厚みやコンディションなど、様々な要因によってチーム力は変化しますが、相手チームをしっかり観る眼を養うこと、それが応援するチームの力になっていくはずです。 力の差は、日々のチョットしたことの積み重ねの上に成り立っています。 個人的には、徳島の監督に大変興味を感じました(笑)。

2ページ中1ページ目を表示

  • posted by kabosu
  • 2017/03/21 06:27

記事ジャンル:

タグ:

アプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック