かぼすシュートの蹴球アラカルト

2017 日本対ブラジル (フランス リール)強化試合

サッカー競技の強さとしての極限を見た思いがする。 ボールコントロールの巧みさ、動きの柔やかさ、判断・ボールタッチ・プレイなど全てに共通する速さ、そして正確さ。 何よりもミスの少なさ! こんな試合を見ると、「キリンチャレンジカップ」なんて、何だったのだろうと?疑問が湧く。キリンチャレンジカップを何試合しても、このブラジル戦やドイツ戦などの1試合に値しないだろう。 ブラジル選手は、全員がレアル、ユベントス、マンC、パリサンジェルマンなどの世界一流クラブの主力選手である。日本にはまだ一流クラブの主力選手は生まれていない。香川や本田がマンUやミランである時期主力になったが・・・。 この試合に出場した日本選手に、ボールを止める巧みさ、プレイの速さ、判断の速さ、1対1の強さ、プレイの正確さ・・・など、身を持ってお手本を示すブラジルチーム。これが、選手にとって何よりも宝物だろう。 そうは言っても、ブラジル、スペイン、ドイツなどの強豪国とのマッチメイクは簡単に組めるものではない。やはり日本がFIFAランクで一桁以内にならないと、相手も選ぶ権利があるのである。その為には、Jリーグで巣立った選手は欧州に飛び、2部、1部、そして一流クラブの控えでもいい、このような世界の一流選手が在籍するクラブで毎日一緒にトレーニングする環境に身を置く。そのことが選手の価値を高めていくだろう。 でも、基本はどんなプレッシャー環境に置かれても崩れない1プレイ1プレイの正確さなのだろう。やはり、毎日のトレーニングでも表に出ないミスをどれだけ消していけるか、その選手の自身の自覚なのだろうと思う。 G大阪の井手口選手のように、パスの流れを読んで、走りまわる選手にとっては得難い経験だったろうと思う。PKなどで試合の流れは前半で終わったが、注目すべきはその内容である。 世界の一流国と対戦した時には、その差に唖然とする。日本もあの域に達する選手が生まれてくるのだろうか?

2ページ中1ページ目を表示

  • posted by kabosu
  • 2017/11/11 05:40

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック