かぼすシュートの蹴球アラカルト

J2 大激戦 昇格・降格 予想

kabosu-358288.jpg 順位     勝点 2勝 1勝1分 1勝1敗 対戦相手  1位 甲府  82  88   86   85   熊本:京都 2位 京都  70  76   74   73   福岡:甲府 3位 湘南  69  75   73   72   鳥取:町田 4位 大分  67  73   71   70   山形:松本 5位 横浜  67  73   71   70   東京:岐阜 6位 千葉  66  72   70   69   松本:徳島 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 7位 東京  63  69   67   66   横浜:草津 8位 山形  61  67   65   64   大分:岡山 9位 栃木  60  66   64   63   岡山:北九州 20  鳥取  35  41   39   38   湘南:福岡 21  岐阜  34  40   38   37   徳島:横浜 22  町田  31  37   35   34   水戸:湘南   この勝ち点に、得失点差がからんで、最後は際どい差で、 昇格・降格が決まる。 すなわち、次節の結果次第で、昇格ラインに残れるチームと、 残れないチームが出てくるので、骨肉の争いになる。 山形(大分戦)、栃木(岡山戦)は、次節負けたり、引き分けたら、6位以内が不可能になる。勝ち点3の試合をしなければならない。 鳥取、岐阜も町田が2勝すれば、逆転の可能性がある。湘南は、降格争いチームとの対戦となる。 こういう試合は、順位なんて関係ない。 どちらにしても、予想通りにはならない。2位の京都が2敗する可能性もあれば、町田が2勝する可能性もあるのである。棚からボタ餅のチームも出れば、晴天の霹靂チームも出てくる。 あの時、10センチ先のボールに触るだけで、昇格できたのに・・・と、あとで後悔するチームが出てくるかもしれない。 応援する方はヒヤヒヤ・ドキドキで、色々な言葉を並べてみても、やるのは選手、その選手は「サッカー」をやるのである。 小さなことからしっかりやる。 ディテールを大事にする。 サッカー歴65年以上で、元韓国代表&大分トリニータ強化部顧問だった朴景浩さんは、多くの歴史的ドラマの試合を見てきた。 サッカーには、どうしようもできない運が残り10~20%ある。 それは神様のみが知っている。 選手は80から90%の実力にすべてを託す。 オリンピック日本代表がアトランタオリンピックで、ブラジルと対戦する直前、当時の団長は「幸運を祈る!」という言葉で、ロッカールームから選手を送り出したと言う。 運はまかせるしかない。 再び、「幸運を祈る!」     

1ページ中1ページ目を表示

  • posted by kabosu
  • 2012/10/30 23:07

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック