かぼすシュートの蹴球アラカルト

監督を交代する理由

kabosu-423135.jpg 大宮の監督が交代した。 順位は4位、昨年から無敗を続けていた。 中断期間の前までは、首位を疾走していたチームである・・・。 ここにきて5連敗・・・・で、すぐに解任。 事情はよくわからないが、フロントが解任したんであるから、それなりの理由があったのであろう・・・と、推測する。 発表できる理由であれば、発表するであろうが、発表できない理由がある時もある。 成績不振だけであれば・・・容易に公表できるが、それ以外の理由で監督交代する時もある。 ・プライベートな事情 ・選手間との対立 ・フロントとの対立 ただ、監督交代は大きなリスクを伴うのも事実である。 しかも、次の監督を決めていない・・・そこまでして急いで解任 とは・・。 そのリスク承知で、踏み出したのであるから、それなりの理由があったのであろう。 解任すると、選手が動揺する・・・選手にも理由を、しっかりと説明せねばならない。 そして応援してくれているスポンサー、サポータ・・・多くの方々に動揺を与える。 ブラジルなんて連敗すると、すぐに監督が交代するが、お国柄が異なっている。 監督は交代せずにシーズンを終えることは理想である。 しかし、Jリーグには降格というクラブ経営に大きくインパクトを与える制度がある。 成績不振に陥った時には、選手の補強、それでも変化がない時には、リスク承知で監督交代に踏み切る。 未来はわからない・・・何がどうなるのか? それなりの構図は描いているのであろうが、思い通りにいくことは少ない。 J1、J2、そして来年からJ3もできれば、日本全国に多くのサッカー 監督が出現する。 そして、多くの権限を持っている、その監督がクラブに影響を与える力は甚大である。 大事なことは、そういう監督を評価できる人間がクラブに存在しているかどうかである。 サッカーを知っているだけでは監督評価はできない。 監督評価は、多くの歴史を知ること、多くの経験をすること、多くのコミュニケーションがとれること、先見性、洞察力・・・様々なことが基盤にあって、監督の評価が決まっていく。 さて、決断した大宮。 この先、成績がどうなるか? クラブの空気がどう変化していくのか? 見守りたい。

1ページ中1ページ目を表示

  • posted by kabosu
  • 2013/08/12 06:23

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック