角海老-ボクシングコラム

村田が世界ランカーをKO撃破

村田諒太  ロンドン五輪金メダリストでミドル級のWBC7位・村田諒太(帝拳)が1日、WBO15位のダグラス・ダミアオ・アタイデ(ブラジル)とプロ7戦目で初の世界ランカー戦を行い、5回に右フックでアタイデを下し、3試合ぶりに見事なKO勝利を飾った。

 ガードを高く上げて試合に入った村田。序盤は左を突きながら距離を詰めて接近戦を挑む。上下へ打ち分けながらプレッシャーをかけるがアタイデは手数で応酬し、2回以降は互角の展開。村田のジャブはよく走り、ストレート、フックなどボディへの攻撃が当たるが、直線的な村田の攻撃を左右へ身をこなしてかわしながら、豊富な手数を出すアタイデの印象が良い。    4回にはアタイデの連打に防戦を強いられた村田だったが、5回に「接近戦からワンツーの距離」に修正したことが功を奏した。ジャブで距離を図りながらワンツーをボディーに叩き込んだ直後、今度は顔面にジャブから右フックを放つと、これが見事にアゴを打ちぬいた。アタイデは前のめりにダウンし、なんとか立ち上がって試合が再開したもののダメージは大きく、村田が連打を一気にまとめてレフリーストップを呼び込んだ。

2ページ中1ページ目を表示

  • posted by CRK
  • 2015/06/01 13:29

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line
コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック