角海老-ボクシングコラム

角海老の強豪勢がベルト目前で・・・

 11月に入ってベルトまで目前に迫った角海老の強豪たちが相次ぎ敗戦を喫し、勝利の女神はここぞという時になかなか微笑んでくれない、というボクシングの厳しさをあらためて痛感させられることになった。

 3日には日本タイトル挑戦者決定トーナメントの決勝戦でミドル級1位の福本祥馬とバンタム級1位の中川勇太が揃って破れ、そして7日には日本ウェルター級暫定王者まで登りつめた坂本大輔が、正規王者の有川稔男(川島)との王座統一戦に挑戦したが、5回TKO負けを喫して王座から「暫定」の二文字を外すことはできなかった。

 坂本は2014年4月に有川と対戦し、初回TKOで勝利している相手だけに正規王者への昇格が期待された。タイトルマッチでの再戦はお互い強打を狙う打撃戦の中、有川が5回に右ストレートで坂本の左目を負傷させ、この傷の出血が原因で無念のドクターストップが宣告されてしまう。

3ページ中1ページ目を表示

  • posted by CRK
  • 2017/11/14 17:45

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line
コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック