横浜DeNAは本当に優勝できるのだろうか

ラミレス采配は横浜野球に合致しすぎてるんじゃないか問題

7月2日 横浜スタジアム(ホーム) De1-4広島 勝利投手  石田(6勝3敗0S) 本塁打(Deのみ)筒香 17号(4回裏ソロ) 77試合 35勝 39敗 3分 首位と9.5ゲーム差 2位

 今日はライトスタンドで観戦してきました。いやあ、暑かった。家に帰ってもまだクラクラしています。選手はもっと大変だったのではないかと思います。

 初回、先発の石田投手は1人目の打者にストレートのフォアボールを出してしまいます。しかし、戸柱捕手が盗塁を刺してくれたおかげで、悪い流れを早めに止めてくれました。石田投手も悪いながら、粘りの投球で5回1/3の1失点。6回のピンチはいつの間にか1軍に上がってきた須田投手がさすがのピッチング。7回タナケン、8回三上。9回ヤマヤスはピンチを作りましたが、ベイスターズの継投方程式がカープ打線という難問から見事に勝利の証明を導き出してくれました。

 打線は筒梶がやってくれました。4回の筒香の本塁打はライトフライかと思いましたが、途中から異様なほどに打球がグンと伸びました。昔でいうと、松井秀喜の打球なんてのもすごかったですが、筒香の打球は面白いですね。スピンかなんかかかってるんですかね。ライナー性だったので、風は関係なかったと思うのですが。

 梶谷は久しぶりの3安打。右中間方向へのいい打球もありましたね。あと、桑原はファインプレイもありましたし、ライト方向へのタイムリーもよかったです。交流戦明けの巨人戦でブレイクした桑原ですが、あのときはほとんど内角ベルト付近の球を引っ張ってヒットにしてました。いつの間にか広角に打てる打者へと成長していたんですね。ベイスターズは右打者不足なので、貴重な存在です。

3ページ中1ページ目を表示

  • posted by kajiwaradamono
  • 2016/07/02 21:44

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line
コメント(2)

ラミレス采配は横浜野球に合致しすぎてるんじゃないか問題

 ラミレス監督は悪くはないかもしれませんが・・・しかし・・
(他の方も指摘してますが)外人監督だから外人に甘い、というのは、勘弁してほしい・・
今日のモスコーゾなんて、3回続けて失敗してるのに、まだ先発させて 大失敗だし。
日本人投手なら3回も続けて失敗したら、まず2軍落ちでしょうから。
ロマックにもペトリックにも でしたけど、明らかに外人選手にチャンス与え過ぎです。
そして、最悪の結果を生んでますからね。
自分が外人選手として苦労したから、という事でしょうけど、
でも、それは私情ですから。
 それでは、ご縁がありましたら、また お会いしましょう。

posted by marigan
コメント投稿者ID:TCE00072387
2016/07/03 22:10
コメント支持(0)

ラミレス采配は横浜野球に合致しすぎてるんじゃないか問題

コメントありがとうございます。

>TCE00072387さま
前にどこかで聞いたことがあるんですけど、メジャーリーグって、実績ある選手は不調でも割と我慢して使うらしいですよ。ロマック、モスコーソも我慢してましたが、石川選手、梶谷選手も結構、不調な中、我慢して使っていたように思えます。なので、一概には言いきれないのではないか。実際、梶谷選手は我慢して使った結果、ここ数日復調の兆しを見せているので、その采配が悪いとは言いきれない。っていうのが私の見立てです。まあ、それぞれ、見方があって面白いですね。
それでは、ご縁がありましたら、また、お会いしましょう。

posted by kajiwaradamono
コメント投稿者ID:kajiwaradamono
2016/07/04 01:12
コメント支持(2)

よく読まれている記事
トラックバック