横浜DeNAは本当に優勝できるのだろうか

ロペスの骨折問題

6月13日移動日 64試合 31勝 30敗 3分 首位と2ゲーム差 2位

 ベイスターズがここまで好成績を収めている理由の一つとしてあげられるのが、ロペスの存在である。しかし、そのロペスが8日の練習中に左足親指の骨折。10日には出場選手登録を抹消されてしまった。これまでロペスはチームトップの44打点をマークし、本塁打も筒香に並ぶチームトップタイの14本。4月は4番、主砲・筒香が帰ってきた5月は5番打者として、ポイントゲッターの役割を十二分に果たしてきた。

 シーズン前、ラミレス監督はロペスを3番打者にしようと考えていたそうだ。試合開始当初、1回の攻撃で相手投手にプレッシャーを与えようという意図によるものだ。しかし、シーズン途中からロペスは5番打者に座ることになった。ベイスターズにおける5番打者の重要性に気付いたのかもしれない。

 ベイスターズの不動の4番は誰が何と言おうと筒香だ。相手投手は長距離砲・筒香に対して、神経を使った厳しい配球で突いてくる。1球速報を見ていると、アウトコース低めしか投げてねえじゃねえかと思ってしまうこともある。1点差2点差といった均衡状態の試合展開になった場合は、ホームラン1発で試合が決まってしまう。だったら、フォアボールでもいい。次の選手を抑えればいいと考えるのだろう。次の打者も長距離砲だったら、どうだろう。投手とて人間である。集中力が途切れることもある。そこでロペスだ。甘いところに入ったところに1発ガツンとホームラン。これがこれまでのベイスターズ打撃陣の勝ちパターンだった。

2ページ中1ページ目を表示

  • posted by kajiwaradamono
  • 2016/06/14 00:34

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line
コメント(2)

「ロペスの骨折問題」へのコメント

コメント失礼します。
ロペスの離脱痛いですね。
通常、足指の骨折は最低3週間は患部を固定して安静をはかるそうです。
ただ、より良い完治のために1〜2週間余分に固定するのが通常らしいです。この固定をしてる間に筋肉が落ち固まってしまうのにリハビリをする必要があります。おそらく3週間後くらいからリハビリを開始しながら治療して5週間。
ゲームに戻るコンディションづくりに早くて2週間というとこでしょうか。順調にいって7月下旬と予測されます。この間に宮崎または白崎、ロマックあたりが戦力にならないと攻撃力は格段に落ちますね。
しかし、宮崎など試合に出続けることで覚醒できればチームの層を厚くするチャンスです。
私はこのシナリオに期待してます。

posted by g_g351205
コメント投稿者ID:g_g351205
2016/06/14 09:16
コメント支持(2)

ロペスの骨折問題

コメントありがとうございます。
7月下旬となれば、やはり、オールスター明けですね。
ネット上でさまざまなコメントを見ていると、「宮崎が穴を埋めている」という意見が多いようです。
私は「相手投手へのプレッシャー」という意味ではロペスに勝るバッターは、
横浜では筒香以外にいないと思います。
宮崎のぷーさんはまず、これを機会に、レギュラーを完全にモノにして、
ポイントゲッターの実績をあげてほしいと思っています。

posted by kajiwaradamono
コメント投稿者ID:kajiwaradamono
2016/06/14 21:21
コメント支持(0)

よく読まれている記事
トラックバック