横浜DeNAは本当に優勝できるのだろうか

梶谷隆幸が「来季は打率を意識したい」って言ってる問題

 年末でございます…だよー。主力選手が契約更改が続いております。

 首位打者の宮崎選手は大幅アップ。倉本選手や砂田投手は、出場試合数、登板数が評価されたんですかね。私が推している梶谷選手は待望の1億越えございます。今季は打率.243、21本塁打、60打点。この成績を「まずまず」という見方をする方もいらっしゃるでしょうし、「まだまだ」という見方もあると思います。でも、これが梶谷選手の魅力なのではないかと、思ったり思わなかったり。 **  そんな梶谷選手がこんなコメントを残していましたね。

「打率に関しては今年3分くらい落ちているので、来年は率をかなり意識したい。1番自分が不得意な部分なので」

 以前、球団関係者に梶谷選手はこんなことを言っていたそうです。

「打率って(打者の主要な指標の中で)唯一、減るものじゃないですか。カジは減るものを追いかけたくないそうです。増えるもの、積み上げるものを追いかけていたいから、目標の中に打率がないんだと。そんなことを言ってました」

3ページ中1ページ目を表示

  • posted by kajiwaradamono
  • 2017/12/06 01:02

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック