横浜DeNAは本当に優勝できるのだろうか

2018年、ベイスターズのキープレイヤーは誰だ問題【投手編】

 前回「打者編」をやりましたんで、今回は「投手編」をお送りします…だよー。

 ベイスターズの投手陣の主な弱点は2つ。6枚目の先発と6回7回を投げられる中継ぎ。これに尽きるんですよね。メインキャストを支える脇役が弱い。これ、打撃陣と似ているのかもしれませんね。

 今永投手、石田投手、濱口投手、ウィーランド投手、井納投手に続く6枚目の先発として有望なのは、ルーキーの東投手、そして飯塚投手、綾部投手、平良投手。二軍では京山投手が虎視眈々とその座を狙っています。    先発陣に関しては、”キープレイヤー”というより切磋琢磨してもらって、「誰か出てきてくれないかなあ」って思っているファンの方も多いのでしょうか。個人的には京山投手のストレートに惹かれていましてですね。2018年は1軍で1勝あげてくれないかなあと思ってます。

 私が”キープレイヤー”としてあげたいのは中継ぎの3人です。

【三上朋也投手】  1年目は防御率2.33で21セーブ。2年目はケガでフルシーズン働けなかったものの、3年目となる2016年は防御率2.61で32ホールド。そして4年目となる2017年は防御率5.12で31ホールドでした。  スリークォーターとサイドスローの二刀流という異色の投手。速いストレートとスライダーのキレが特徴ですが、荒れ球なのが玉にきず。キャッチャーが構えているところにボールがいかないことが多々あります。  2017年はよく打たれましたね。CSでは満塁の場面で抑えましたが、日本シリーズ第6戦ではサヨナラ安打を浴びてしまい、最後の投手となってしまいました。  この年、一番悔しい想いをしたのは三上投手のではないでしょうか。でも、三上投手はマウンドで表情を出しません。ベイスターズのドキュメンタリー作品『FOR REAL』でも、悔しさを顔には出していませんでした。  喜怒哀楽を前面に出すヤマヤス投手の真逆。個人的には三上投手の方を応援したくなっちゃいます。  2017年は何が悪かったんですかね。他チームに読まれてしまっているんでしょうか。2018年は、涼しい顔で相手打者をバッタバッタと倒していってほしいです。

3ページ中1ページ目を表示

  • posted by kajiwaradamono
  • 2018/01/12 02:10

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line
コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック