横浜DeNAは本当に優勝できるのだろうか

ベイスターズの先発投手陣問題

7月25日 移動日

 24日に大負けをしたベイスターズですが、それまで4連勝でした。打線は上向き、ブルペン陣も交流戦以降、調子を戻しています。問題は先発陣ですね。6月下旬ころからQSを決められなくなってきました。夏場になると、中継ぎや打線がへばってしまう可能性もあるかと思います。ここで一旦、ベイスターズの先発投手陣を整理したいと思います。

※記録は7月26日現在

■井納翔一 5勝8敗 防御率3.11 完封1 完投1  現在、規定投球回数に達していてチーム防御率トップなのは井納投手なんですね。ここ数日、大事な場面で打たれてしまう印象があるので、ちょっと驚きました。4月5月は結構よかったんですよね。先発完封する力を持っている投手なので、ここ一番のピンチで踏ん張ってほしいんですけどね。今後のベイスターズの浮沈は井納投手にかかっているといっても過言ではないように思えます。

■石田健大 6勝3敗 防御率3.13 完投0 完封0 大卒2年目でこの成績は素晴らしいですね。でも、昨年も今年も完投、完封はゼロ。打撃陣との兼ね合いもありますけど、今季中に1試合でも完投してくれるといいなあと思います。毎試合100球前後は投げれてるんでね。あ、7月22日巨人戦のピッチングはよかったので、ああいうのを続けてくれるといいですね。オールスターもよかったです。よくよく考えると、一番信頼できる投手かもしれませんね。

3ページ中1ページ目を表示

  • posted by kajiwaradamono
  • 2016/07/25 02:07

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line
コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック