横浜DeNAは本当に優勝できるのだろうか

梶谷のやる気のなさそうな空振り問題

6月20日 交流戦・横浜スタジアム(ホーム) De2-5日ハム 敗戦投手 砂田(1勝2敗0S) 70試合 31勝 36敗 3分 首位と8ゲーム差 5位

 試合を見れなかったので、帰ってからハイライト映像を確認しました。試合展開としては、前日と同じような点の取られ方をされてますが、砂田君が打たれた球は、どれもコース、高さは悪くない変化球っていう印象です。平田君の投球内容はよくわかりませんが、ミスもあったようなので、余計な点を取られてる感じでしょうか。

 打線は筒香の前後、梶谷宮崎がノーヒットです。

 ロペスがいない今、筒香の次に打ってもらわないといけない選手が梶谷だと思うのですが、左投手の外角低め変化球にめっぽう弱い。今、特に、素人目から見てもめっぽう弱いです。

 梶谷は2013年8月に突如ブレイク。その月、1か月で打率は4割越え、8本塁打という衝撃の成績を残しました。2014年には盗塁王を獲得。守備や足でも魅せる選手で、トリプルスリーの候補としてあげられていました。しかし、2014年は.263 16本。2015年は.275 13本と期待以上の成績は残せていない。というか、ファンが梶谷に期待しすぎてるだけなのかもしれませんけどね。

 昨年あたりから、左投手にアウトコース低めにスライダー系のボールを投げられると、やる気のない感じのスイングで三振してしまう場面をよくみられます。やる気のないというのはファン目線であって、正しくはつられるようにといった方がいいかもしれません。調子のいいときはしっかりと踏み込んで左右にライナー性を打球を飛ばしてくれるのですが、ここ数試合はそういうバッティングを見れていません。

2ページ中1ページ目を表示

  • posted by kajiwaradamono
  • 2016/06/21 00:26

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line
コメント(2)

「梶谷のやる気のなさそうな空振り問題」へのコメント

失礼します。
映像ですが試合を観ているので仰る事、すごくよく解ります。
とりわけ今季はその手の変化球に弱くなっていますね……ラミレス監督も3番でライトに置くつもりでいるなど何とか出来ないかと試行錯誤中の様ですが……
更に読んで打つ事が多く、今季はその読みも冴えない様なので余計に「読みが外れてやる気なく見える三振」が増えるんですよね。
ロペス不在な上に投手陣が疲れぎみ(須田は怪我?)、そしてこの大連敗で、CSももう非常に望み薄な状態ですが、もし可能性があるとすればここからの梶谷の完全復活くらいでしょうから、期待はしたいのですが……

posted by tanusuta
コメント投稿者ID:TCE00072009
2016/06/21 03:05
コメント支持(0)

梶谷のやる気のなさそうな空振り問題

コメントありがとうございます。

なんとなく、ご理解いただけて幸いです。

ただ、お言葉を返すようで申し訳ないのですが、「やる気なさそうな空振り」は2ストライク後が多いように思えます。2ストライクとられたら、読みも何もないのです。ところが、自分のバッティングにこだわってる部分があるのか、アウトコース低めのスライダーにつられるように空振りしてしまう。そのように思えるのです。それまでのカウントは、おっしゃるように読みが外れての空振りなのだと思います。

梶谷は下半身がしっかりしてるので、当たれば飛ぶんですけどね。自分の読みと間合いにうまく入ってくるボールがなかなかなくて四苦八苦しているように見えます。もうちょっと、バッティングの幅が広がればいいなあと思いつつ、でも、自分を見失わないようにしてほしい。
とはいえ、
5月の快進撃は梶谷が戻ってきてからなので、チームが浮上するには、やはり梶谷の復調がカギです。やってもらわないと困ります。

須田、乙坂は心配ですね。故障の詳細を知りたいですね。

posted by kajiwaradamono
コメント投稿者ID:kajiwaradamono
2016/06/21 18:54
コメント支持(0)

よく読まれている記事
トラックバック