「KC」だよ!「カンザス」ではない!

錦織 5大会連続格下に敗戦 深刻な事態!?ソックに苦杯 苦手IWコンディション克服できず マイアミは?ATP Tour Finalsへも試練の今後3か月

ついに錦織が苦しめられてきたインディアンウェルズマスターズのコンディションに心身ともにズタズタにされてしまった。

インディアンウェルズマスターズ準々決勝。錦織圭はまたもシードダウンという形でこの大会を去ることとなった。カンザスシティ男、ジャックソック(第17シード)はその錦織を徹底的に分析し、見事に弱点を突きまくって初のトップ5からの勝利、そしてマスターズ1000準決勝進出を果たした。

今大会この試合前まで3時間54分しか戦っていない錦織と全試合3セッツ試合で錦織より3時間近く長い時間を戦ってきたソック。マッチポイントを切り抜ける試合もあったがソックはそのフィジカルの強さを大いに見せつけた。一方錦織は試合最初のソックのサーヴィスゲイム、15-40といきなりブレイクのチャンスを得ながらボールをコントロールできない見た目カジュアルなエラーでキープを許す。そして自身のサーヴィスゲイムはあっさりと落とした。これがこの試合の全てを物語っていた。

昨年までのインディアンウェルズで錦織がよく見せてきたこのラケットから弾かれるボールが長く伸びてアウトになる光景。これを抑えようとするとストロークでの威力が落ちる。打ち合いになっても主導権を握れない為に、気持ちよくプレイができない展開になってしまった。

今大会に関しては4回戦までは例年苦しめられる風があまりなく、相手のレヴェルも高くなかった為に楽な内容が続いたが、準々決勝でついにこの風がやってきた。高地であり高く弾み、伸びるボール、更に風で動く。対戦相手も同じ条件だが錦織はこのコンディションへの対応が最も苦手な選手ではないか。

3ページ中1ページ目を表示

  • posted by kcmosports
  • 2017/03/18 08:12

記事ジャンル:

タグ:

アプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(2)

錦織 ソックに敗れる 苦手IWコンディション克服できず 得意マイアミへの期待は?ATP Tour Finalsへも試練の今後3か月

現在の錦織には全く期待していません。
今回の敗退も「ああ、やっぱり」という感じです。

前回の初戦負けで、ラケットを叩き壊したのを見て、正直失望しました。
温厚な彼があんな行為をするとは信じられませんでしたし、私の両親は大正生まれで
既に他界していますが、「物を大切に扱うように!」と厳しく言われていただけに
ショックでブログを更新する意欲も失せています。
だけど心の隅では、どこかで彼に期待している自分がいます。
勝利の女神から見放されているようですが、払拭する活躍を見せてもらいたいですね。

posted by fromvietnam
コメント投稿者ID:fromvietnam
2017/03/18 11:45
コメント支持(3)

錦織 5大会連続格下に敗戦 深刻な事態!?ソックに苦杯 苦手IWコンディション克服できず マイアミは?ATP Tour Finalsへも試練の今後3か月

残念だけど、もう終わった選手。

posted by あすみん
コメント投稿者ID:TCE00076138
2017/03/20 00:59
コメント支持(0)

よく読まれている記事
トラックバック