「KC」だよ!「カンザス」ではない!

桑藤美樹280-279で宇山侑花を9フレ逆転で下し通算3勝目!プリンスカップ

誰もが固唾をのんで見守った第10フレーム。先に投げる桑藤はプレッシャーを跳ね除けた!プリンスカップで初めてのレフティー優勝者となった。

2014年のプロテスト1位合格の寺下、昨年2位合格の山田という22歳、21歳の活躍から今年のトップ合格者、小池沙紀にも注目していた。惜しくも桑藤に5回戦で敗退したが、見事な戦いぶりであった。

アマチュアとして出場した19歳の浦野実紅はPBAスコーピオンオープン3連覇の実力をしっかりと見せてくれた。決勝トーナメントの1回戦では高校時代(その前から)全国大会決勝で活躍し現在もナショナルチームの一員である岡本美月に競り勝ち、2回戦ではプロ相手に快勝。3回戦で女王、松永に喰らい付き敗れた。海外の大会で他国選手達と積極的に交流を深める等、世界を見据えて活動。国際舞台で活躍してもらいたい。

オリンピックは男女共に競技が行われていることが採用の条件。男女共に同じ程度注目する競技が多い。一方、この競技は男子に、この競技は女子により注目するという偏りが出る(あくまで個人的にだが)ものもいくつかある。テニス、バスケットボール、サッカー等はより男子に注目。ボウリングやフィギュアスケイティング(羽生、宇野等世界のトップ級は男子も)バレーボール等は数少ない女子により注目する競技だ。

ボウリングの歴史に名を残す大一番で幕を閉じた今年のプロボウリング。来年は1月に記念のイヴェントが行われるとのこと。楽しみである。来年もスリリングでハイレヴェルなボウリングを見せてくれることだろう!

2ページ中2ページ目を表示

  • posted by kcmosports
  • 2016/12/24 16:43

記事ジャンル:

タグ:

アプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック