プロ野球個人成績の話。マニアというよりフェチなんです!

日本ハム・大田、初の規定打席到達!「あの」大打者と歩みが同じ?

昨年、8年間在籍した巨人から、トレードで日本ハムに入団した大田泰示。

移籍1年目の今季、見事に自身初の規定打席到達を果たしました。

巨人での通算成績を1年で上回った今季

大田は2008年、ドラフト1位で東海大相模高校から巨人に入団。高校通算65本塁打の大田は、巨人の将来の四番候補として期待されていました。

しかし、なかなか一軍には定着できず、昨年までの8年間、巨人で与えられた一軍での打席数はわずか474打席でした。今季の大田の打席数が457打席ですから、ほぼ同数ということになります。

それでは、大田の巨人時代の8年間の通算成績と今季の成績を比較してみます。

まずは、大田の巨人時代の8年間の通算成績がこちら。

.229(436-100)9本 40打点 32四死球 139三振 OPS.634

そして、今季の大田の成績がこちら。

.258(427-110)15本 46打点 28四死球 88三振 OPS.719

打率は約3分上昇し、本塁打と打点も、今季だけで過去8年間の合計を上回りました。

特筆すべきは三振数の大幅な減少です。巨人時代は、コーチからコンパクトな打撃を強制されていたことを本人が語っています。

しかし、日本ハムに移籍してきて「強く振る」ということを意識して臨んだ今季の方がはるかに三振数が少ないのは、何とも皮肉な話です 苦笑

5ページ中1ページ目を表示

  • posted by 記録F太郎
  • 2017/12/29 05:05

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line
コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック