プロ野球個人成績の話。マニアというよりフェチなんです!

半規定打席到達者・打撃ランキング2017!&「リアル規定打席」バージョン!

一昨年のセ・リーグMVP・新井も8位に顔を出しました。昨年は出場機会は減りましたが、それでもベテランとして十分すぎる働きを見せました。

圏外には外国人打者が並ぶ中、唯一日本人打者として福田が入りました。広いナゴヤドームを本拠地としてこの成績は立派だと思います。

14人がもしもフル出場していたら…

ところで、上記の打者たちがもしも昨年フル出場していたら、一体どういう成績を残していたのでしょうか。私が考案した(?)「リアル規定打席換算」を使って見てみます。

「リアル規定打席換算」とは、上記の14人の成績を昨年のセ・パ両リーグそれぞれの規定打席到達者の平均打席数(セ:554打席、パ:546打席)で換算するという手法です。

ただし、安打数、本塁打数、打点、四死球数などは小数点第1位を四捨五入しますので、打率とOPSは若干変わることがあります。その点はご了承ください。

  亀澤恭平(中日) .287(485-139)4本 25打点 31四死球 OPS.659

マレーロ(オリックス) .291(485-141)34本 86打点 58四死球 OPS.927

新井貴浩(広島) .291(467-136)17本 92打点 79四死球 OPS.846

内川聖一(ソフトバンク) .298(484-144)22本 92打点 58四死球 OPS.854

山川穂高(西武) .297(451-134)43本 114打点 95四死球 OPS1.080

雄平(ヤクルト) .306(519-159)4本 59打点 31四死球 OPS.748

吉田正尚(オリックス) .312(465-145)24本 77打点 79四死球 OPS.924

6ページ中4ページ目を表示

  • posted by 記録F太郎
  • 2018/01/10 01:29

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line
コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック