プロ野球個人成績の話。マニアというよりフェチなんです!

闘将・星野仙一氏を偲んで。/「血の入れ替え」【トレード編】

2018年1月4日、星野仙一氏がすい臓がんのため、70歳で亡くなりました。

星野氏は監督時代、積極的に若手を抜擢し、自分が一度信じた選手はとことん起用するという育成法で、これまで数々の名選手を生み出してきました。

当ブログでは、前々回、前回と星野氏がこれまで育ててきた名選手たちをご紹介しました。

それで星野氏にまつわる記事は終わりにするつもりだったのですが、星野氏と言えば若手の育成とともに手腕を発揮したのは、トレードやFAなどによる選手補強でした。

チームの若返りや体質改善のために、それまでの主力選手を惜しみなく放出してでも欲しい選手を獲りに行く姿勢は「血の入れ替え」とも呼ばれました。

今回は、その星野氏のこれまで行ってきたトレードによる主な選手補強の歴史を振り返ります。

「血の入れ替え」【トレード編】

星野氏が監督時代に行ったトレードのうち、特に成果のあった6例をご紹介します。

※上がトレード前年、下が移籍1年目の成績です。

1987年 落合博満(ロッテ → 中日) 1986  .360(417-150)50本 116打点 120四死球 OPS1.232 1987  .331(432-143)28本 *85打点 *91四死球 OPS1.037

5ページ中1ページ目を表示

  • posted by 記録F太郎
  • 2018/01/10 05:43

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line
コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック