プロ野球個人成績の話。マニアというよりフェチなんです!

「2年続けて同じような成績」10連発!

「プロ野球選手の個人成績」をこよなく愛する私は、選手たちのいわゆる「年度別成績表」を眺めるのが昔からの趣味です。

何もすることがない時は、ついついWikipediaを開いてしまいます 笑

今回は、私が「年度別成績表」を眺めて思いついたり感じたりしたことをご紹介しようと思います。

坂口が残した成績に「あるクセ」が…。

まずは、2015年にオリックスを自由契約となり、その後ヤクルトに入団した坂口智隆のこの2年間の成績をご覧ください。

坂口智隆(ヤクルト) 2016  .295(526-155)0本 39打点 71四死球 OPS.716 2017  .290(535-155)4本 38打点 64四死球 OPS.713

一昨年ヤクルトで見事に復活を果たした坂口。この2年間の成績が、ほとんど同じなのがおわかりいただけるでしょうか。

昨年は本塁打こそ4本増えていますが、打率は5厘、打点は1、OPSは.003しか違わず、安打数にいたっては全くの同数。しかも上記には表示していませんが、打席数も全く同じ607打席という奇妙な一致ぶり。

こういうの面白くないすか?笑

「年度別成績表」を眺めていると、たまにこういう「2年続けてほとんど同じような成績」に出くわすことがあります。

4ページ中1ページ目を表示

  • posted by 記録F太郎
  • 2018/01/11 01:14

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line
コメント(2)

「2年続けて同じような成績」10連発!

たいへん興味深く拝見しました。
私は「2年連続同じような成績を残した選手」と聞いた瞬間、往年の川口和久投手を思い出しました。

1986年 12勝 9敗 3.01
1987年 12勝11敗 2.95
1988年 13勝10敗 2.55
1989年 12勝 7敗 2.51
1990年 11勝13敗 3.97
1991年 12勝 8敗 2.90

川口は毎年12~13勝。キャリアハイに15勝という年もあるんですが、この頃の「全盛期」にはいつもエース級と投げ合い勝ったり負けたりしていました。
単に6年間安定感があったという感じでもなく、投球内容の素晴らしさと成績がマッチしない「記憶に残る」タイプのピッチャーだったという印象。←私的にです。

これからも応援しています。
今後は引っ越し先にコメントさせていただきます。よろしくお願いします。

posted by ひが
コメント投稿者ID:higashidesedai
2018/01/12 05:23
コメント支持(0)

「2年続けて同じような成績」10連発!

ひが様

コメントありがとうございます!
こんな(?)テーマにご興味を持っていただいて嬉しく思います。
「おお、同士よ!」と勝手に盛り上がっています 笑

改めて見るとこの頃の川口の安定感は凄まじいですね。
毎年12~13勝というあたり槙原寛己(元巨人)にも通ずるものを感じます。

ぜひこれからも応援していただけるとありがたいです。
よろしくお願いいたします!

posted by 記録F太郎
コメント投稿者ID:kishita
2018/01/13 01:22
コメント支持(0)

よく読まれている記事
トラックバック