プロ野球個人成績の話。マニアというよりフェチなんです!

闘将・星野仙一氏を偲んで。/「血の入れ替え」【FA・その他編】

2018年1月4日、星野仙一氏がすい臓がんのため、70歳で亡くなりました。

星野氏は監督時代、トレードやFAなどによる選手補強でも優れた手腕を発揮しました。

チームの若返りや体質改善のために、それまでの主力選手を惜しみなく放出してでも欲しい選手を獲りに行く姿勢は「血の入れ替え」とも呼ばれました。

星野氏のトレードによる数々の選手補強をご紹介した前回に引き続き、今回は星野氏が行ってきたFA・その他の選手補強を振り返ります。

「血の入れ替え」【FA・その他編】

星野氏が監督時代にFAなどで獲得した主な選手10人をご紹介します。

※上が移籍前年、下が移籍1年目の成績です。

宣銅烈(ヘテ → 中日) 1995  5勝3敗33S 防0.49 109.1回 140奪三振 WHIP0.58 1996  5勝1敗*3S 防5.50 *54.0回 *67奪三振 WHIP1.56 韓国球界で146勝132Sを挙げ「韓国の至宝」と呼ばれた宣を1995年オフに獲得。宣は1年目こそ不調でしたが、2年目に38セーブ、防御率1.28を記録。1999年も28セーブでリーグ優勝に貢献しました。

武田一浩(ダイエー → 中日) 1998  13勝10敗 防3.62 176.1回 103奪三振 WHIP1.37 1999  *9勝10敗 防3.50 162.0回 *92奪三振 WHIP1.29 1998年オフ、その年最多勝を獲得した明治大学の後輩にあたる武田をFAで獲得。1999年、武田は惜しくも2ケタ勝利こそ逃したものの、先発ローテーションの一員としてリーグ優勝に貢献しました。

5ページ中1ページ目を表示

  • posted by 記録F太郎
  • 2018/01/11 04:50

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line
コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック