プロ野球個人成績の話。マニアというよりフェチなんです!

半規定打席到達者・打撃ランキング2015!&「リアル規定打席」バージョン!

そして昨年、その鈴木が怪我でリタイアした後に広島の四番を任された松山が9位。この時点では、両者全く同じような成績を残しているのが面白いです 笑

ちなみに松山は、この年から2016年、2017年と、なんと3年連続のランクイン。「準レギュラー」としては、これ以上ないくらい頼もしい選手です。レギュラーを獲る気はないのかな… 苦笑

12人がもしもフル出場していたら…

次に、上記の打者たちがもしもこの年フル出場していたら、一体どういう成績を残していたのでしょうか。いつもの「リアル規定打席換算」を使って見てみましょう。

「リアル規定打席換算」とは、上記の12人の成績を2015年のセ・パ両リーグそれぞれの規定打席到達者の平均打席数(セ:571打席、パ:553打席)で換算するという手法です。

ただし、安打数、本塁打数、打点、四死球数などは小数点第1位を四捨五入しますので、打率やOPSは若干変わることがあります。その点はご了承ください。

  鈴木誠也(広島) .275(506-139)12本 *60打点 43四死球 OPS.730

松山竜平(広島) .278(504-140)17本 *65打点 60四死球 OPS.793

T-岡田(オリックス) .280(517-145)15本 *68打点 31四死球 OPS.746

今成亮太(阪神) .283(505-143)*2本 *30打点 49四死球 OPS.666

今江敏晃(ロッテ) .287(515-148)*1本 *53打点 35四死球 OPS.696

脇谷亮太(西武) .294(478-140)*6本 *45打点 57四死球 OPS.760

藤井淳志(中日) .295(499-147)11本 *82打点 45四死球 OPS.761

4ページ中3ページ目を表示

  • posted by 記録F太郎
  • 2018/01/13 01:12

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line
コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック