プロ野球個人成績の話。マニアというよりフェチなんです!

同級生の井川と能見。能見は本当に通算勝利数で井川を追い抜いたのか?

2018年1月11日、かつて阪神のエースとして2003年に20勝を挙げリーグ優勝に貢献し、昨年独立リーグの兵庫フルーサンダーズを退団した井川慶が、今季も現役続行することを決断したそうです。

井川は1997年、ドラフト2位で阪神に入団。2002年から5年連続2ケタ勝利を挙げるなどエースとして活躍し、2006年オフにポスティングシステムを利用してヤンキースに移籍しました。

しかし、ヤンキースでは5年間で2勝しかできず、2012年オリックスで日本球界に復帰。2015年オフにオリックスを退団し、2016年に兵庫の練習生となりました。

昨年兵庫と正式に契約し、独立リーグで11勝0敗、防御率1.09という好成績を残しました。

その後井川はシーズン終了後に兵庫を退団しましたが、先日兵庫との再契約が決まり、独立リーグでプレーしながら再びNPBへの復帰を目指すとのことです。

実は同級生の井川と能見

井川は1979年生まれの38歳。井川が最後に2ケタ勝利を挙げたのが阪神時代の2006年なので、私は彼をだいぶ昔の選手のように感じていましたが、思っていたより(?)まだ若いことに驚きました。

プロ野球ファン、特に阪神ファンの方ならご存じだとは思いますが、昨年先発で6勝を挙げた能見篤史(阪神)も1979年生まれの38歳。井川と能見は同級生なのです。

7ページ中1ページ目を表示

  • posted by 記録F太郎
  • 2018/01/14 01:15

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line
コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック