FCKSA66

ハイチ戦選手評価 【 杉本健勇。乾貴士。浅野拓磨。倉田秋。小林祐希。遠藤航。長友佑都。酒井高徳。 】

杉本健勇

相手のギアが上がるまでは良い感じだったが、相手が調子良くなってからは消えてしまった。そういう意味では、今の段階では、やはりW杯では厳しいのかなと。おそらく、国内組だけで挑むであろうE-1サッカー選手権ではCFの主力として起用されると思うし、そこでの活躍次第では、という事はあるが、ザックジャパン時代、東アジアカップで大活躍した柿谷も、その後は活躍できなかったし、やや難しいかなと思う。

乾貴士

SBを攻撃面で活かす、という部分では、ザックジャパンの時も左は香川と長友で良い攻撃を作ったが、やはり香川や乾のようなタイプの選手を置けば、という事はあると思う。但し、最近の乾は守備力も向上しているが、やはり比べれば守備力は原口の方が上であるし、W杯では、リスクを考えれば、それほど多くSBを攻撃参加させられないと思うので、そうなってくると、やはりファースト・チョイスは原口なのかなと。

浅野拓磨

技術的な部分、それから、守備力、オフ・ザ・ボールの動きなど、まだまだ物足りない部分は多いが、とにかく裏を狙う、というプレイは必要不可欠であると思うし、乾も原口も得意は左サイド、今の武藤はサイドよりもCF、そして、本田もまだパフォーマンスが上がっていない、という事になってくると、やはり右サイドというのは、久保と浅野が最有力になってくるのかなと。W杯までに、とにかく成長してもらいたい。

7ページ中1ページ目を表示

  • posted by kodahima
  • 2017/10/13 11:48

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック