角界に幸あれ。

最初で最後の記事 白鵬の問題・日馬富士事件について

今まで記事を執筆したことはありませんでしたが、もうすぐこのブログも終了ということで、大相撲界の問題・疑惑について私見を述べさせていただきます。

1.白鵬の数ある問題行為のうち、特に先場所の「セルフ物言い」は、①物言いは相撲を取った力士には認められていない②そもそも立ち合いは成立している③一分以上土俵に上がらず、式秀審判に指摘されてようやく上がったと思いきやここでも突っ立ち、礼をせずに土俵を降りた、という点から数場所出場停止ものの悪行でしょう。(一方、かちあげや張り差しについては腰高や腋が甘くなりやすいという欠点があるため各力士の対策に委ねるべき。確かに横綱相撲とは言い難く、見苦しいが、白鵬へのブーイングでも明らかなようにファンの目は厳しく、酷い相撲内容への罵声となって返ってくる) 厄介な点は、彼は大相撲の伝統や規則について知らないわけではなく、しっかりと研究したうえで確信犯的に変えようとしている点です。彼の行動を止めなければ、伝統ある大相撲が単なるスポーツとしてのSUMOへと変貌してしまう日も遠くはないのかもしれません。

2.次に、相撲関係者の暴力について。今回の日馬富士の一件は、角界やスポーツ界、ひいては社会全体に及んでいる暴力容認の空気の中で起こった出来事と言えます。相撲界に絞っても、千代の富士による北天佑弟(富士昇)リンチ、千代天山による付け人エアガン襲撃、学生時代の雅山による後輩いじめ、大鵬による妻への家庭内暴力等々、枚挙にいとまがありません。暴力を奮った日馬富士に非があり、彼の行為は引退に値します。ただ、角界の暴力体質は日馬富士をはじめとする現代力士にのみ責を負わせるべきではないのでは?貴乃花も(暴力の連鎖を断ち切れなかった力士としての)責任はゼロではないと思います。

3ページ中1ページ目を表示

  • posted by kousoumanshondasshutudaisakusen
  • 2018/01/12 11:21

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line
コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック