プロ野球哀愁劇場

日本ハム球場移転をお気楽に妄想する。【ふたつの広島】

北海道日本ハムファイターズは、2023年を目途に新球場を建設し、本拠地を札幌市豊平区の札幌ドームから移す構想を明らかにした。

札幌ドームは札幌市と道内財界各社が出資した第三セクターが運営管理を行っている。出資比率の最も高い札幌市の秋元市長は「新球場に相応しい場所が札幌市内あるかどうか、日本ハムと一緒に考えたい。」と語り、新球場を建設してドーム残留は難しくても、札幌市に留まって貰いたいという考えを表明した。

かねてより日本ハム球団は、札幌ドーム使用料の値下げや運営権の譲渡を訴え、話し合いを続けたてきたが、札幌ドーム(行政)は常に「ノー」回答だったらしい。 そして日本ハムの心情を逆撫でるかのように、2016年4月 札幌ドーム(行政)は使用料の値上げを実施してしまう。この値上げにより、日本ハム球団の主催ゲーム使用料は年間9億円程度に上昇した。 更に札幌ドームをサッカーやコンサートの野球以外で使用する場合の原状回復費、警備・清掃費などの諸経費が年間15億円程度必要でドーム側に計上される。そしてセンター上部吊り下げなどの広告使用料として2億5千万円に上る。合計すると日本ハム球団は、札幌ドーム側に年間26億5千万円もの金額を支払っていることになる。日本ハムの選手の2017年の年棒総額が28億5千5百10万円ということを考えると、考慮しなければならない金額になっている。 更にドーム内での飲食はドーム側の収入。グッズも球団からドームに卸す事業形態になっている。

4ページ中1ページ目を表示

  • posted by kurodaikoku
  • 2016/12/23 00:44

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(2)

日本ハム球場移転をお気楽に妄想する。【二つ目の広島】

北海道にフランチャイズをファイターズがある限り、北海道で許可なく他球団が試合をすることは不可能です
ロッテが昨年東京ドームで1試合をしましたがこれでも巨人とヤクルトの許可を得ています
よって札幌ドームには公式戦はおろかオープン戦すらNPBの試合は移転後されないと思います
私は氏名のように川崎時代からロッテファンですが、フランチャイズ球団という絶対的なキラーソフトを
失った球場のその後の運命は悲惨なものでした 
札幌ドームは改修費用として10年以内に100億円以上の経費が必要な上、毎年ハムからの27億円
球場を潤してきた店舗からの寺銭、そして球場内の看板費用がハム移転と同時に失うでしょう
川崎の場合には職員の1/2をカットしても赤字で経費がほとんど掛からないボロ球場にもかかわらず
1億近くの赤字を計上していました おそらく数年以内に廃絶を含めての話になると思います
まったくここまでファイターズを追い込んでしまった札幌市と第三セクターには呆れるほかありません

posted by マー君
コメント投稿者ID:TCE00075702
2016/12/23 08:11
コメント支持(7)

「日本ハム球場移転をお気楽に妄想する。【ふたつの広島】」へのコメント

あの…

札幌には、とあるサッカーチームがありまして、ドームを使用してるんですが…
札幌市の批判は簡単ですけど、第三セクターで作った建設費は0円じゃないんですよ


posted by papapa
コメント投稿者ID:papapa
2016/12/23 12:42
コメント支持(3)

よく読まれている記事
トラックバック