プロ野球哀愁劇場

WBCに出場する侍ジャパンの背番号『18』が空いている。

WBCに出場する侍ジャパンの背番号『18』が空いている。

日本ハム・大谷翔平がWBC出場辞退し『16』が空き、急遽 侍ジャパンに追加招集されたソフトバンク・武田翔太が選んだ背番号は『30』番。 引き続き、侍ジャパンの背番号『18』が空いている。

背番号『18』は、日本を初めアジア各国の野球チームでエース番号として神格化されている数字だ。 侍ジャパンでは2006年のWBC第一回大会、2009年の第ニ回大会と2大会連続で松坂大輔(西武/レッドソックス)が背負い、2013年の第三回大会では巨人・杉内俊哉が背負っている。2015年に行われたプレミア12では広島・前田健太の背中にあった由緒正しき背番号である。

侍ジャパンが背番号『18』を空けたまま、WBCは3月7日に開幕する。 WBCは、野球の国別対抗世界一決定戦である。WBCとはWorld baseball Classicの略であり、アメリカメジャーリーグ(MLB) が主催し、世界ソフトボール連盟(WBSC)が公認している。

2017年4回目となるWBCは、主催のMLBの母国アメリカが真剣に優勝を狙っている。 過去3大会で優勝はおろか最高順位が4位のアメリカだが、今大会もし優勝を逃すようなら、WBCを4回大会で終了させるとの噂も出ているほどアメリカは本気度が高い。

4ページ中1ページ目を表示

  • posted by kurodaikoku
  • 2017/03/03 00:50

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック