クラシコとリーガ優勝争いを現地ネタで盛り上がるブログ

テネリフェの柴崎岳が公式戦デビューを果たす。後半28分からボランチでプレー

1月末に鹿島アントラーズからリーガ・エスパニョーラ2部のテネリフェへ移籍したMF柴崎岳がついに新天地でデビューを果たした。

柴崎は1月末の欧州移籍期限終了間際に今年6月末までの5カ月間の契約を結び、2月頭からチームに合流していた。しかし、体調不良が続き、一時は不安障害と診断されるなど、環境に適応するまで時間を費やしていた。

12試合ぶりの黒星阻止に向けて1点を追う重要な状況の中、後半28分に観客の歓声とともにピッチに登場し、4-4-2のボランチとしてプレー。落ち着いてパスを散らしたが、目立ったプレーはなく、チームはホームでレウスに0-1で敗れた。

試合後、テネリフェのマルティ監督は初の実践デビューとなった柴崎に対し、「彼はチームメイトに良いボールを供給していた。我々のサッカーを理解しつつあるので、今後の活躍が楽しみだ。しかし、言葉やチームメイト、そしてヨーロッパのサッカーをもっと知る必要がある」と期待を寄せたコメントを残した。

【関連リンク】 ・試合観戦を楽しむリーガ・エスパニョーラ16-17シーズン選手名鑑!!WOWOWポイントを使ってサッカーくじ!!「WOWOWポイントBETTING」リーガダイジェストEX 〜ファンと一緒に延長戦〜 オンデマンドで無料配信中!リーガダイジェスト!どこよりも早く充実したリーガ最新情報をお届け。

1ページ中1ページ目を表示

  • posted by liga
  • 2017/03/20 14:20

記事ジャンル:

タグ:

アプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック