獅子党のつぶやき

【西武】勝利への執念

先発が序盤で降板してはホークスでも勝つのは容易ではないということ。 先発の重要性を証明した連日の試合でした。とは言っても全て接戦だったので紙一重だったのかもしれません。

ライオンズにとっては福岡での3連敗もあり絶対に負けられない試合。 それがプレーとして表現されたのが初回浅村による独断での送りバント。キャプテン効果もあるのかチームを引き締める意味でも大きかったと思います。 現時点で新人王候補の源田が攻走守で魅せてくれます。ドラフト3位で獲得できたのが信じられない選手ですよね。 炭谷は危険球の影響もないようで最後までプレー。本塁打を含む全4打席出塁ですから集中力が高まっていたのだろうか。 松田に今季4本目の本塁打を献上して逃げ切り失敗。今季8本塁打を打っていますがライオンズ戦とバファローズ戦だけでしか打てていないのは偶然か…? 最後を締めたのは栗山のサヨナラ弾。意外にもプロ16年目で初めての出来事。 中村・メヒアが無安打でも役者は揃っていて今日のような野球が出来ればライオンズは強いチームになると思います。

ウルフは緊急降板ですが詳細は不明。チームの勝ち頭だけに今後の不安材料になるかもしれません。 外国人選手がこの時期にチーム最多勝ですから近年では考えられなかったシーズンですよね。 無事を願って早期復帰を待つしかありません。

本拠地では互角以上に戦えているので今季こそは…

2ページ中1ページ目を表示

  • posted by lsports
  • 2017/05/22 00:26

記事ジャンル:

タグ:

アプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック